社長ブログ - 2014年04月

かなり。

2014.04.28

書いたブログを読み返しているとある程度波がある事がわかります。

今日は、かなりご機嫌斜めです。
理由は書きません。

ただ人や物に八つ当たりしないように堪えています。

自分がイライラしないように心がけていても、まだまだ私ごときでは常に笑顔で過ごす事は無理です。
そしていつも後で後悔するのですが、それも毎度の事なのでもう書くのもためらいます。

しかし思う事は自分が感じたような事を廻りの人にしているんだろうなと思いました。
私はすぐに感情が前に出てしまいますが、グッと堪えて我慢させてしまっている事も多々あるんだろうと思いました。
きっとそうだと思います。特に家族に対してそうなのかもしれません。

自分が置かれている状態というのは自分が作り出したというのは、正解なんだと思います。
色々と愚痴る前に自分の行いを見直し、改善を加えないと本当にどうしようもない事になりそうですし、どうにかしたいです。

こんな馬鹿な話はこれっきりにしておきたいものです。

せっかく、現場は順調なのに。

明日からの連休ですが、弊社は暦どおりのスケジュールで業務を行っております。

緊急対応等は、出来る事できない事さまざまですが、お困りの際はご連絡下さい。

ケース。

2014.04.26

今日の午前中は現場廻りと現場調査などをしていました。

事務所に戻る途中に、1本の電話がありました。

分譲マンションの2Fの床から水が涌いている??

私は打合せがあり出向く事が出来なかったのですが、すぐに水道設備業者さんに連絡をとって見に行ってもらいました。
一通り点検しても問題が見つからず、システムバスの点検口を開けた途端に火災報知器が鳴り、消防車まで駆けつける大騒動となったそうです。

現場は2階。原因は4階からの漏水が伝って2階まで漏れていた上に漏電まで引き起こしたようです。
酷い話ですが、 原因が特定出来て良かったです。

こういうケースの請求について少しだけ悩んでいます。

私が立ち会っていれば、おそらく請求できないのかあと思うのですが(近頃はきちんと認めてもらえるケースが増えました)業者さんに緊急対応してもらったので費用は支払います。

とりあえず、建築に関しての問い合わせについて、私がいつも考えている事は、「事件は現場で起きている」という事です。
まずは現場に足を運んでお施主さんの意図を理解し、何をすべきかを考えます。

正直、受注できないだろうなと思われる仕事でも一旦は現場に足を運ぶようにしています。
現場に行くと色んなものが見えるからですが、現場に行きアドバイスをしてさいならというパターンも多々経験しているし、現場で私が調整して直ってちゃんちゃんというケースも多々あります。とりあえずは未来への投資と割り切るようにしています。

これはどの業種にも言える事なんですが、ある提案書を作成するのに気軽に問い合わせて、提案書を作成してもらい他所に委託するという話も見聞きしております。
人が動けばやはりそれ相応の費用がかかります。

私は最終的にハードを扱っていますが、ソフト面でご商売されている方はそれなりにご苦労も多いのではと思います。

明日も仕事ですので、そろそろこのへんで。

長時間。

2014.04.25

今日も現場、打合せと動き回った1日でした。
が、いつもよりも本業外の業務も多々ありました。

建設業の許可更新の手続きで走ったり、社用車の件で動いたりです。
とりあえず、平日の9時から5時までしか動けない業務優先という感じでした。

ですので明日は1日出勤となります。元々土曜日は現場もあるので、所用が無い限り仕事をするつもりですのでいつもと変らずです。

ただ少しばかり帰宅が遅い日が続いていたので正直疲れが溜まっています。
先般参加した飲み会で、不動産、建築業の人って何であんなに帰るの遅いんですか?
しかも時間の区切りが長くダラダラして。私は分単位で仕事をしていましたよ。

そうなんです。ダラダラ遅い帰宅習慣から抜けられていません。
効率としては最悪のパターンです。社員にこんな時間帯に仕事させたら、まさにブラック企業です。

単位が半日単位でしたね。せめて1時間とか30分単位とかにしておかないと大変なロスです。

長時間労働が美しいと習った世代ですが、実は長時間労働ではなく、恥ずかしながら長時間ダラダラなんです。

今日はこのブログをUPしたら帰って寝ます。

ドサッ。

2014.04.24

今日も、現場、打合せ等  日中は外回りでした。

境界の立ち会いの立ち会いもあったりです。
天気が良いので移動も快適です。
いよいよ現場と案件がドサっと積み上がりつつあります。昨年はやや仕事が少なめでしたので、いよいよかと張り切っています。

いつもそんな調子というか、マーケティングや、市場調査、そして方針決定し行動しても空回りばかりで、ふとした拍子に色々と動き始めます。
ありがたい事ですが、計画的にと言う訳にいかず戸惑いもあります。
ですので冷静に緊張感をもって業務に励みます。

多くの方はピークに至る伏線があるはずと言われますが、その伏線が何かを探してみますが10年仕事をしていても理解が出来ません。
そんな難しい事は考えず(それは駄目とお叱りを受けつつ)目の前の現場や仕事に集中するしかありませんね。

ただ、昔よりも学習した事は、こんなのはそう長くは続かないという事。

やはり備えをしっかりしておくべきなんでしょうね。

GWまで目一杯仕事頑張ります。

センス。

2014.04.24

昨晩は大阪の不動産会社を経営されている方が主催の交流会?飲み会に参加させていただきました。
大阪での仕事を期待して!という訳ではなく、個人的には楽しむ為の会です。

美味しい鱧を食べながら腹を抱えて笑い、本当に楽しい時間です。

参加されている皆さんはすごく会話が上手だなあと思います。やはり大阪という感じですね。

私も色々と話してみますが、やはりセンスが無いと言うのか話が上手ではありません。
逆に聞くのが上手かと言われるとそうでもなくという感じです。

なんだかんだ言ってもうまく話すというよりは、センス良く話すというのが私には欠けています。

それと、◯◯ちゃんとか、あんたなあ〜とかのような距離が近い話し方がとんと苦手です。
趣味の会に行ってもやはり 微妙な距離感がある会話となります。
基本的にあまりタメ口ではあまり話していない気がします。

心を開いていないから?という訳ではなく、比較的開けっぴろげにしているつもりです。

ブログとかFBとかのコメントもセンス無いな〜と思います。

まあそんな事をごちゃごちゃ考えて仕方ないので、今日はこの辺で終わりにしておきます。



今日は現場で生コン打ちでした。

基礎工事にとって重要な1日でした。
晴天に恵まれ工事はスムーズに終わりました。

職人の皆さん

ありがとうございました。

無かった事。

2014.04.21

新しい1週間が始まりました。

個人的に少し状況に変化がありました。
ネガティブな話ではないです。

考えているのは無駄を丁寧に取り去ろうという事です。

とにかく、大事にしたい事があるので、ある程度モノやコトを絞ろうというだけなんですが、長年に渡る習慣というのは早々急激に変化するでもなしなのですが、出来る限りの無駄を省いてみようと思います。

そしてこれはスタッフ等にも協力をしてもらいながらの話となります。
よく聞く話ですが、「過去と他人は変らない。自分と未来は変える事が出来る」使い古された台詞ですが、やはり過去は変えようが無いし、他人を変えようとしても変らずです。そしてその他人の言動に一喜一憂しても状況は変わらないという経験が極限まで積み上がったので、とりあえず私の中では「無かった事」にして前に進んでみようと思います。

習慣という居心地が良い状態(本当は良いとは思っていない)から抜け出さないと本当に時間が足りないと感じています。

そして、人に合わせて自分を抑えていても誰も喜ばない事がよく理解出来ました。

だからといって我が儘放題も嫌です。恥ずかしながらこの歳になっても主体的ではなく能動的に何かを求めていたのかもしれません。ちゃんと目的をもって目指せよと思います。当てもんみたいに良い事を待っていたように思います。

色々ごちゃごちゃ書いていますが、自分にとって本当に必要なヒトやモノやコトなのかを丁寧に選択して、選択が出来たら決断してきちんと向き合うという事。もう余裕がありませんからね。

 

原価。

2014.04.18

今日の午前中は現場に行きました。

相変わらず朝早くから職人さん達は頑張ってくれています。
お施主さんが少しお疲れなのが気になりますが、あと1日で休日となりますのでもう少しだけ辛抱して下さい。

その後、取引先へお邪魔しました。
何やらニュアンスが難しい話をしました。

多分、ちゃんと真剣に動いている人だけが気がつくポイントがあるんだと思います。
超プロっぽい会話というんですかね。いつ会ってもスゴい方です。

午後は現場廻りをしてきました。
新築住宅は本日配筋検査でした。検査は無事合格!

そこから事務所でひたすら見積をしています。

なかなかシビアな金額が出てきました。想像よりも思い切り原価がUPしてきています。容赦ありません。
各々担当者も頭を下げながら言い訳の為に挨拶回りにきます。担当が悪い訳では無いんですよ。

工事原価も増えるし、社会保険料も容赦なく増えるし、書類が増える事による印紙代の増税、ガソリン代や生活費も増えるし何もかも値上げですね。
わかっていた事ですが、正直便乗しやがってと思える職種もあり、今後のお付き合いを考えてしまいました(笑)

それと、半公共的インフラを扱う会社が個人情報のDB作りと取れる行動を始めました。
詳しくは書けませんし、私の想像の範疇ですが、工務店を飛ばして自社で工事後のメンテナンスや追加工事、または集客する為のデータと思われる資料提出を工務店に求めています。CMとか見ているとその意図が見え隠れしている気がします。
正直、意味不明な話なので本当に対応を考えねばなりません。

零細企業でもちゃんと独り立ち出来る手法を真剣に考え取り組むべきですね。

国も地方も大手企業も関所みたいな商売や仕組みばかり考えんと、もう少し前向きにモノを進めたら良いのにと思いますけどね。

時間が許せば。

2014.04.17

今日も朝から現場打ち合わせなどに出かけていました。

午後の早い時間は、建設業の許可更新の手続きの為に法務局や市役所等をまわっています。
先般も書きましたが、書類が本当に増えました。ある意味印紙代とか考えると増税ですね。

仕事の為の仕事というべきか。対応も相変わらずというか、数年に一度しか使わない書類を取りに行ったら何でまともに書けないのという態度もどうでしょうね。
そこで気づいた事は、建築を知らない相手に、こちらが考える当たり前を伝える時に専門用語を並べ立てて何でわからないのという今日と同じような態度になっていないのか自問しました。
反省すべき事もありますね。人の振り見て我が振り直せとはこの事と納得してしまいました。

その後も打ち合わせが続き、夕方、現場で処分する廃品と自宅にある音楽機材のデッドストックを持ってリサイクルをされているお店に持って行きました。
処分すべき物に新たな持ち主が現れれば、物も幸せだろうと思っての事です。

古い町家を改装した店内でコーヒーをいただきました。
店主の方と色々と世間話をしていたら、なんとお店は自分たちで改装したとの事でした。
素人の方が工事したと思えないくらいの完成度でした。
そこで感じた事は、住宅は別として、お店等は時間が許せばご自身で本当にしたいように工事するというのも有りかという事。
昨年もそんな工事を経験しましたが、想像以上に面白いアイデアで満ちあふれています。
どうしても私たちが介在すると「当たり前」や「普通の納まり」にこだわってしまいます。

薄暗く面白い空間で、訳がわからん話をしながら楽しく過ごしました。

近頃、明るいポジティブな空間造りが多かったのですが、陰鬱な場所も好きだったな〜と思い出したりしていました。

夜は事務所に戻り相変わらずの残業です。

近頃少し寝不足が続いておりますので、今日はこのへんで。

職人さん。

2014.04.16

今日も打ち合わせ、打ち合わせ、打ち合わせとまあ動きました。

天候が良いので移動も快適です。

工事は今のところ順調に進んでいます。ウチの監督や職人さん達はすごい日焼けしています。
汗かいて日に焼けて、なかなかカッコいいもんです。

この道数十年という職人さん達のいぶし銀の輝きにはまだほど遠く、青白いまま40を超えています。

常々このブログでも書いている事ですが、何かを長い間続けてきた人が持つ哲学のようなものに日々刺激を受けます。

長い年月の中での浮き沈みを乗り越えた凄みを感じます。

建設業界では人手不足という言葉が少なからず聞かれるようになってきました。
高齢化も進んでいるように感じます。

先日、ある職人さんと話をしていたら、若い子が続かないとこぼされていました。逆に大学を出て親の跡を継いで職人になるという人もいます。
海外から研修名目で来日する忍耐強い職人さん達も多くいるという話も聞き、これからの建設業界はどうなるんだろうと少し心配になります。

東京五輪を見越して海外からの職人さんを増やそうという国の政策は、五輪が終われば帰国してもらうという誰かにとって都合が良さげな意図を感じ、あまり賛同しかねますが、忍耐強い職人さんも多いらしく、そんな方々には日本の高齢化しつつも素晴らしい技を持った職人さん達から多くの事を学び自国へ戻った際にはその技術を発揮出来ればこれはこれで良い事と思います。
単純に安くで使えるからという思想であれば、日本のイメージが悪くなるんじゃないかと心配になります。

工具の発達、工法の簡略化、資材の施工性の良さ等を考えると、難しい技術というのがさほど必要で無くなるのかもしれませんが、現場で感じる事は、図面に現れないこだわりというのが多々あり、そんなこだわりや長く続けた人だけがもつ特殊な技術というのが残れば良いなと思います。

職人の世界というのは厳しい世界ではありますが、やりがいはあると思います。
長い不況を脱しつつある日本ですので(私の周りはまだ不況感があります)なり手が少なくなった今だからこそ若い方が職人を目指すという選択肢は良い事と個人的に感じています。

私が自衛隊に入ったのは15歳。ちょうどバブルの頃でした。そんな中、募集担当者は「兄ちゃんええ体してるな。自衛隊入らへんか?」と隊員集めに苦労したと聞いていますし、何でそんな所に入ったん?と随分言われたものです。時代は変わり、今は入りたくてもそうそう入れないみたいです。


たぶん、時代が進む中で価値観も変るんだと思います。相当な淘汰もあるかと思いますが、続けた人の強さというのは魅力的で素晴らしいものかと思います。

私は世間が許してくれるなら建築の仕事を続けたいと思っています。

なんとなく。

2014.04.15

今日は朝から現場打ち合わせでした。
今のところ順調に進んでいます。お住まいになりながらのリフォームなので、お客様が少しお疲れのような気がします。
出来るフォローは頑張ります。穏やかな心持ちで工事が終えられますようお祈りいたします。

その後、市役所へ行きました。
建設業の許可更新の為に、せっせと書類を集めています。戸籍に関する書類も必要ですので、遠方に問い合わせしたりと想像以上に手間がかかります。
適切な事業を行うには必要な事かと思いますが、更新の度に書類が増えてきますね。

午後は見積作業。

夕方からスモールサン京都ゼミといって立教大学教授の山口義行氏主催の勉強会に参加しました。
内容は「管理会計」です。
ある程度短いスパンで数字を出して会社の現状を把握する事が大事ですね。その情報を元に経営の手直しをしていくんですから基になる情報の重要性は理解出来ました。
それと経営者の本気度が大事だとも思いました。

懇親会は楽しみにしていたのですが、今日はパスして事務所に戻り作業を再開しています。
と言いつつ、リンパ腺が腫れて熱っぽいので今日は出来るだけ早く帰って体を休めます。

今日も色んな人たちと話をしました。
お客様をはじめ取引先の方々など。

先月あたりから密かにやっている事があります。
それは、声に出したりはしませんが、静かに相手の幸せを祈る事。
特定の宗教とか、変な自己啓発ではなく、きっかけはわかりませんし、何となく始めた事なんですが、出会った人に良い事があればいいなとか、無事に過ごして欲しいなとか些細な事ですが、良いイメージを持ちながら相手を想うようにしています。何かを期待している訳ではありませんし、実際何も結果が出ている訳ではありません。

本当に何となく始めた事ではありますが、自分にとって、これはなかなか良い習慣かなと思います。

対応。

2014.04.14

今日から新しい1週間が始まりました。

進行中の工事、見積、打ち合わせ等の予定が盛りだくさんです。
頑張らねば。

対応について少しばかり考えてみました。
お客様にどう対応するのか、協力業者さんにどう対応するのか、その他の人たちとどう対応するのか。

自分なりには誰に対しても比較的丁寧に対応しているつもりです。
ただ果たしてそれで良いのかという疑問がふとわきます。(ヒマなんか!)
ヒマではなく、相手の為の対応になっているのかという感性が鈍っている気がするという事です。
ズレている感覚です。

人によっては、詳細に報告して欲しい人がいたり、見積でも、正確な金額よりもとりあえずナンボというのがすぐにでも欲しいという人がいたり、言いつけだけをしっかり守り、余計な事はしないで欲しいというケース、逆に放っといて欲しいというケース様々です。

私は頭が悪いので、自分ならこうして欲しいという対応をするように心がけてきたつもりですが、これはやはり独りよがりであったり、相手を想わぬ手抜きだったのではと考えてしまいます。
個別対応をきちんと出来ていますかと問われると上記のような対応だったのかもしれません。
なぜ、こんな事を思うようになったかというと、仕事終わりにスケジュール帳の余白に、実際の行動、感じた事、結果等を時々ですが記載しています。
それを後で読み返すと、知らず知らずに相手先に負担をかけているような事であったり、独りよがりな行動があったであろうと想像でき、その事に対する結果が割に明確に出てきている事に気づきました。

個人のパーソナリティというのは、急に変える事は難しく、無理に帰る事も無いのではと思っていますが、行動は少しずつなら変える事が出来ますね。

四十にして迷わず ではなく相変わらず迷っております。

基準

2014.04.12

今日は自宅近くのお客様と打ち合わせを行いました。
プランが二転三転していましたが、ようやく落ち着きました。

予定価格が決まっているので、これからやりくりが始まります。
何とかなりそうな厳しいような。

その後、少し時間があったので仁和寺に立ち寄りました。
今日の目的はおむろ桜でした。背が低くて可愛い桜ですね。

午後は、一昨日からスタートした現場の墨出しをしました。
墨出しとは、基準のラインを設定し、間仕切り等の区画をする作業です。
改装なので、どのラインを基準にするか結構迷いました。

そもそも最初の基準が間違えていたら、全ての間取りがパーになります。
今回は複数の基準点から、ある1本のラインを出すのに相当時間をかけました。
間仕切りの線を描く中で問われるのはセンスです。特に改造の場合は、想定外の寸法が出てきます。お施主さんが望む事、優先順位を明確に頭に入れた上で微妙な寸法が出た時に対応します。
このへんのセンスがズレていると、情けない事になりますので、図面プラスαというのはこんな局面なんだろうなと思いました。

普段の仕事にも問われる事ですが、とっかかりにはまずきちんとした基準を設けろという事ですね。
なし崩しではやはり良い仕事はできませんね。

その後は現場の巡回。

全ての現場では安全が確保されていました。
協力業者の皆さん ありがとうございました。

明日は現場OFFです。

ここにきて現場や打ち合わせが増えてきました。
しばらくは、バタバタしそうです。ありがたい事です。



墨出ししています。
今日は悩ましい墨出しでした。



新築集合住宅の現場写真。
ベースパックという鉄骨造の核心部と言える部材の設置を行いました。

ネットワーク。

2014.04.11

今日も、現場や打ち合わせ等、日々の業務を頑張っています。

天気も良く快適でした。
天気は良くとも車はもうほぼ駄目な状態になり、次のやつを段取しはじめました。

GWに間に合えばと思います。

アポイントとアポイントの合間にスタッフと雑談をしていました。
話はネットワークについてです。

当然のごとく仕事は人づてにしか来ませんし、人と人のつながりはとても大事なものだと思います。
Facebook等を見ていると、知り合いの知り合いとかが繋がっていたりしている事が多々あるようです。

以前は人脈を増やす事に躍起になっていた時期もありましたが、今はさほどそう思う事も無くという感じです。
たいして人望も無いのに無理をするな!というスタッフの意見も正直有り難かったです。
理解していても、何とか仕事を増やすには好む好まざるを別にして頑張るしかないと考えていました。


特にSNSについてですが、ある法則を見つけました。
此所には書きませんけど。

冷静に弊社にご依頼いただいているお客様の顔ぶれを考えると、SNS上に存在するネットワークとは全く違うものでした。
ものの見事に。

多少リンクする部分もあるかと思いますが、ほぼ違いました。


だからどうという訳ではありませんが、何かしら感じていた違和感の理由がハッキリしてスッキリしました。
もっと書きたいんですが適切な表現が見つかりません。ホントすっきりしました。

明日も終日業務が入っております。

素敵な週末をお過ごし下さい。

ルートファインディング

2014.04.10

今日から新しい現場がスタートしました。

大小入れると常に5件程度の現場が動いていますが、今回は住宅の全面改修工事となります。
新築マンションと手分けしながら工事を進めます。後はスタッフ総出で取り組みます。

ルートファインディングという登山用語があります。
地図やコンパスなどの情報を基に、正しいルートを導きだすという意味だったかと思います。

今日の現場では現状の詳細図がありません。想定通り納まっているか否かで先にかかる工事の手間と費用と内容が大きく変わります。
結果は、想定通りでした。
工期について、解体工期想定は3日でした。
ところが今日でほぼ完了しました。これは嬉しい誤算です。

と、刻一刻と現場の状況が変わります。
そこで私たちは図面(地図)を基に完成予想(ピーク)と工程(ルート)を設定します。
まず最初に、現在地が解っていないとどこに進むかがわかりません。
現在地とは解体した状態です。

想定工期3日が1日になったという事は2日分のアドバンテージが出来たという事です。
早速に職方に連絡を取り、工事を進めながら考えようとしていた設備について、打ち合わせの段取を組みました。
結果、しっかり足を止めて計画する事が 出来るので色んな面でメリットが多々出ます。

このルートファインディングを間違うとまったく別のルートを進んで、時に沢に落ちたり、道に迷って遭難したりします。

自分がどこにいて、どこに向かうのかという事を日々決める事が大事ですね。
何となく人に付いて行ったり、何となく時間をやり過ごしても絶対にピークにたどり着けませんね。

そんな風に趣味が仕事に生きたり、仕事が趣味の役にたったりしています。

登山の良い点として何度もこのブログに書いてきましたが、計画、準備、登山、下山 と、仕事に比して短期間で計画からゴールまでを経験する事が出来て、頑張った先には絶景を見せてくれます。時には道に迷ったり、気象判断で撤退する事もありますが、いつも色んな反省点を体感させてくれます。

どんな山もですが、まず「行きたい」という思いから始まり、どうすれば行けるかを調べ、体力、技術、装備を整え、ルートを見失わず挑戦し達成する これって仕事と同じだと思いませんか。

ただ仕事上のルートファインディングは今ひとつ迷いがちな日々となっています(涙)ピークの設定が甘いのかもしれませんね。

AUTOMATIC GEAR FAULT

2014.04.09

今日は良い天気でしたね。

山へ行きたくなります。

午前中は現在進行中の新築集合住宅の定例会議でした。
問題なく終わりました。いや少し問題がありましたね。すぐに修正が出来ました。明日だったら結構大変な事でした。
よく見つかったと思います。冷や汗です。

午後は新築の介護系の集合住宅の設計打ち合わせを行いました。
平面プランをお客様自らが考えて図面化されていました。そこそこ理に適った図面でしたので正直驚きました。
建築の勉強されていたんですか?と尋ねると「していないよ」という回答でした。
法規等を照らし合わせると不可能な事が多いというのは理解いただけましたが、戸数を何とか増やしたいという希望、コストを抑えたいという相反するご希望がありますので、引き続き協議を進めていきます。まだ何とかなりそうな気がします。

その後はいくつかの現場調査、現場確認、銀行やホームセンター等廻って帰社。

ついに車のミッションがクラッシュしたようです。たまにAUTOMATIC GEAR FAULTとメッセージが出ていたのですが、エンジンを再始動すると消えていました。
ところが今日は何度も再始動してもメッセージは消えません。3速固定なので、超鈍足です。

ミッションの載せ換えに70万円程度かかると以前聞いた事がありますので、ぼちぼち国産車に換えましょうかね。

ああ。

2014.04.08

今日の午後は、「都をどり」へ行ってきました。

もう何回目でしょうかね。いつも会社をご支援下さっているお客様のお嬢様が出演されており、例年チケットを融通してもらっています。
ありがとうございます。 春夏秋冬を楽しみ、舞妓さんの華やかさに頬が緩み、桜を愛でて業務に復帰です。

大勢いる舞妓さんの中に雰囲気が違う方がおり、パンフレット等を見ているとやはり登場回数は多いようでした。
あまり使いたくない言葉ですが、オーラがある感じです。

それぞれ人には固有の雰囲気というのがあるんでしょうね。

ある同じ事を伝えるにしても、私が伝えるよりも、ある設計事務所の方が話をすると、すんなり話が通る事があったりします。
説得力というのもあるとは思いますが、醸し出す雰囲気が違うそうです。
私はスタッフに「あんたは安っぽいから」と言われています。逆に設計さんには、「あの雰囲気で言われたら全て正しく聞こえるわよ」
私はそれは差別だと抗弁しますが、そもそも人としての質が違うからどうしようもないわよという話になります。

あえて否定はしません。

「安もん」と言われてあまり良い気はしませんが、敷居が低いから頼みやすいと思っていただければ、生存の確率が上がるわけですから、生物的にはOKですね。
それにしても「安もん」では両親や家内に申し訳ない気がしますね。もう少し値打ちがある人にならないとね。

ちょっとした。

2014.04.07

昨日はお休みをいただきました。

鈴鹿山脈の霊仙山へ行ってきました。
単独での登山でした。天気が悪い事を承知したうえでの登山でしたのでのっけからカッパを着込んで歩きました。

そして「通行止」と書いてある登山道を歩きましたので、途中道路が崩落している箇所がありました。一人で歩いていてその崩落したところへ落ちても誰にも気づかれないだろうなと思いました。そんな些細なリスクも含めての単独行です。途中尾根に登るも、横殴りのすごい風と雪で視界はほとんど駄目で、トレースも無くなっていました。

楽しい山遊びでした。楽しいと言って、決してなめている訳ではありません。
大きな自然の前では人は本当に無力です。ちょっとしたきっかけで人は遭難するかもなという局面がいくつかありました。

今回は、たまたま大丈夫だっただけと自分に言い聞かせておきます。

今日の午後はある部屋の調査に出向きました。
マンション内では有名なゴ◯ブリ部屋でした。びっしりとその痕跡が残っていました。

汚い!気持ち悪い!という話ではなく、これも誰にでも訪れる可能性がある話だと思いました。
今回は独居老人の部屋でした。
詳しくはかけませんが、今回のようなケースはこれから増えてくるのではと思います。
体力が無くなり、身内もほとんど来ない。それでも人は生きて行かねばならないが、部屋は片付かずどんどん物で溢れるの繰り返しだったように感じます
近頃そんな部屋を見る機会が増えたように思います。

これから部屋の中は頑張って工事を行います。

これからが。

2014.04.05

昨晩、図面を描いていてふと気になり描き直して、見積をなおして深夜帰宅となりました。

午前中は少し自宅で休養し午後から提案に行ってきました。

結果的には、一からやり直しという事になりました。もう少し要望を傾聴しておくべきでした。
上辺の要望と真の要望を少し取り違えていたかもしれません。

これから磨きをかけていきます。
うれしかった事は、思いが違うからと諦められなかった事です。
弊社を諦めると言う事ではなく、納得していないのに、渋々事を進めず理想の建物を目指そうという意味です。

私もこれからが本番とお伝えしました。

工事は、予算や工期、法規等に制限があります。
その中でどれだけの事が出来るのかというのは、実はファーストプラン提出からはじまります。

同一条件での入札的見積提出は、どちらかと言えば価格だけです。
今回は、プランを含めた提案となります。
同じ建築ストーリーでもまったく意味合いが違います。

思いの擦り合わせ、夢を語り合ったり様々な調整を続けるにあたり、諦めないで欲しいと願います。
大事な住まいですから粘る価値はあるし、共に粘る覚悟はあります。

まあ、それでも相性が合わないとか、顔も見たくないというのでしたら、仕方ないですけど(笑)

同じ予算でも、その粘りが建物に与える影響は絶対的に大きいと思います。

出来合いのモノを買うのに慣れていると、時間がかかる建築の打ち合わせは煩わしいかもしれませんね。
話を進める中で自分が本当に考えていた事が見つかったり、思いもよらないような面白い出来事が起こったりします。

おそらくフルオーダーのモノを買うのって一生の間にそうそうありませんからね。私ならせいぜいスーツぐらいです。

だから楽しいと思います。



このブログは、もう何年も日々何てことない事を書き綴っています。
アクセス解析機能がぶっ壊れているので、どの程度のアクセスがあるのかよくわかりません。
お得な情報がある訳でなし、専門技術的な事が網羅されている訳でもありません。いつも誰かを想いながら1日の終わりにボチボチ書いています。

だから「読んでるで」って言われると恥ずかしく恐縮しつつもありがたいと思っています。

また何かお気づきの点がありましたらご指導ください。

明日は日曜日。

少し天気が荒れそうですね。桜も散るかもしれませんね。今年は結局一度も花見に行く事もなく季節は移ろいでしまいそうです。
と言っても季節を楽しめないひねくれた性格なんでこれはこれでアリかと思っています。

再生。

2014.04.05

今日は舞鶴まで行きました。

目的は耐震診断です。あるNPOの依頼で古い木造家屋を使った店舗の耐震診断でした。朝早くから高速に乗って現場に行き、開店までの僅かな時間で実測を行いました。

何とかギリギリです。その後、外部の調査を行おうと外に出た瞬間に大雨でした。
大雨の中、屋根に登って2階の調査を行いました。

出来るだけ早く診断結果を出そうと思います。

その後、少しばかり時間があったので赤煉瓦倉庫群を見学しました。
リフォーム工事の比率が多い私としては興味津々でした。

現地で感じた事は、建物はやはり再生出来るという確信です。
もちろん、どうする事も出来ないような建物もあろうかと思いますが、アイデア、技術、情熱があれば再生可能であると痛感しました。

私なりの再生プログラムは まず正確な調査。歴史を含めてどのような時代にどんな目的で出来た建物なのかを知る事。
次に、既存の不良箇所を修繕する事。その上で新しいディテールを足す。例えば既存天井に鋼材フレームを挿入する。既存三和土?にデッキ材で床を伏せる。又はモルタル鏝抑えのみで仕上げる。そしてRCとガラスの風除室を増築する、内部のトイレもRCの新しいボックス的空間が入れ込んでありました。でもメインのレンガ、古いサッシについては、最大限既存を生かし、修復のみとしてあると見ました。

帰り道に考えていた事は、古い建物をどう再生するのかというプログラムをもっと深く考えてみたいと思いました。

これは、お客様に提案する為というよりは、自分なりに建物の良い部分、残したいストーリー、新たな何かというのを勝手に考えてみても良いなと思いました。
考えるだけなら、予算を気にする事無く出来ますからね。

多くの建物を見る機会というのを増やしておくべきだと思います。個人的には新しい建物よりも古い建物の再生系の方が見てて面白いです。

午後は京都に戻り新築住宅の図面打ち合わせを行いました。
設計事務所さんからのご依頼で見積をする事となりました。頑張って見積しますね。

夜は、近隣挨拶と請負契約。

深夜(今は)明日提出の図面と見積に大きなミスがありましたので、修正をしています。正確にはミスもありましたが、面白い間取りを思いついてしまいました。
図面修正が先ほど終わりましたので、今から見積修正にかかります。

何時に帰れることやら。


定番の写真ですね。



旧階段、新しいデッキ、鋼材フレーム。



古い建物の間にRCとガラスの空間が足してあります。

お互いさん。

2014.04.03

今日は来週から始まる工事の近隣挨拶に出向きました。

春なので外回りが多ければ良いんですが、見積中心の仕事が続いています。

夕方からの近隣挨拶は外に出れてほっとしました。

前にも書いた事があるんですが、結構緊張します。
普通で考えれば、近所で大きな音やホコリがしたらあまりいい気分じゃないですね。
ですので、まずは丁寧にご挨拶を行います。

今回の工事の場合もそうなんですが、近所の方ときちんとお付き合いされているようで皆さん「お互いさんやしね〜」と笑顔でした。
これはお施主さんの普段の生き方がすごく出やすい1面でして、おつきあいが今ひとつだと違う回答が出てきます。
特に今回は良いおつきあいされてるように思いました。距離感が近いというんでしょうかね。

とりあえず安心しましたが、やはりご迷惑をおかけしがちな事には変わりないので、出来るだけ影響を抑えて工事に励みたいと思います。

私たちは工事を終えると現場から離れます。お客様はこれから長いおつきあいが続きますので、やはり配慮しすぎるに越した事はないかと思います。

職人さん達にも同じ気持ちで作業してもらえるように伝え続ける事も大事だと考えています。
ですので、新規に取引が始まった業者さんには丁寧に思いを伝えています。

お施主様含めて「普段の暮らし」とは違ってきます。技術的に優れた建物作りはもちろんの事ですが、職人さん達の立ち振る舞いも含めて工事となりますので、是非協力願いたいと思います。

今日は京都の町中でした。ですので、私の好きな京都独特の言い回しが聞けたり、独特の空気感があり楽しかったです。
都市に住む知恵というんでしょうかね。

「まあ、お互いさんやから〜」 の好意を見誤らず頑張ります。

春は。

2014.04.02

今日から京都市左京区にて集合住宅新築工事がスタートしました。
久々の収益物件建築です。

安全、性能、デザインに配慮した建物に仕上がります。工事はやや難易度が高いですが、私たちと協力業者さんたちと一丸になって良い仕事になるよう頑張ります。

午前中は定例打ち合わせでした。

午後は、事務所で見積等を作成していました。

桜が咲いて春らしくなってきましたね。
どうも、お会いする方々の声のトーンが上がって前向きな話が増えてきたように感じます。
季節柄でしょうかね。私はちょっと出遅れ感があるものの、気分は少し明るいものになっています。

ひねくれた性格をしている私としては、楽しいはずの春が少し嫌いでした。なんと言うかいつも焦りがありました。
今年は何となく開き直れそうな気がしています。

来週、再来週と新たな工事が続きますが、この春の陽気のように明るい現場づくりを心がけたいものです。

夜は、所属する山岳会の委員会というのに初めて参加しました。
新年度になり委員をさせて頂く事になりました。300人を超える大人数の会です。

未熟者ですが少しでもお役に立てればと思います。

委員会に参加して感じた事は、やはり明るいな〜という事。季節柄ではなく、共通の趣味を大いに楽しもうという集まりですから暗いはずがありませんね。
青年部という部を立ち上げてその中でお手伝いする事になりました。

40過ぎて青年部です。
若い人たちと山登りの楽しさを共有できるのが本当に楽しみです。

山遊びを楽しむ為にしっかり仕事頑張ります!

一喜一憂。

2014.04.01

今日から11期がスタートしました。
昨晩は、スタッフとともに食事に行き総括してきました。

まあ、端的には行動を変える事から始めます。どうなる事やら。

そして色んな事で一喜一憂しない事が大事だねという結論に。
更に状況を俯瞰しつつ、冷静に次の手を打とうという事になりました。

ここ最近、些細な事で一喜一憂する事が多く、マシンのような仕事とはほど遠い仕事をしていました。
後で思い返せば本当に些細な事で気分が乱高下していました。その辺はもうやめておきます。

ほぼ時が解決してくれるはずです。
又は時間が解決しない問題は俯瞰して冷静に対処します。
それか、運動で体をいじめて早く寝て忘れる!?

心と体のバランスはとても大事と再確認しています。
今日も仕事を一時中座して室内クライミングに行きました。気分はスッキリです。

先週から20キロ程度の荷物を担いで夜中に散歩しています。異形の散歩スタイルですが、きれいに山道を歩く為には必要な事と考えます。
重い荷物を背負った時には丁寧に足運びをしないと必要以上に疲れます。そこが今の課題ですので補正をかけています。
バランス感覚も少し良くなるのではとも思います。おかげで今日のクライミングはまだ最低レベルは脱していないものの、今まで登れなかったルート2本完登出来ました。
足腰が強いと健康になるとある方かお聞きしたので、とにかく出来る範囲で鍛えてみようと思います。
ウエストのサイズは相変わらずですが、お尻と足が細くなりつつあります。夏までにお腹が凹めば理想的です。これも色んな事に一喜一憂せず淡々と続けてみたいと思います。

いよいよ明日から新築の集合住宅工事が始まります。
不安も多々ありますが、集中して良い建物作りに励みます。