社長ブログ

久しぶりの更新

2019.06.14

 相変わらず更新頻度が少ないブログです。

友人のドクターがマメに更新しているので負けじと。。と思いました。あきませんね。

今日は、住宅改修工事の引き渡しでした。
昨年の9月の台風時期から打ち合わせを始めて4月着工で今日引き渡しです。
ご家族の笑顔に出会えて嬉しく思いました。目の前の人が喜んでくれる良い業種だと思います。

現段階で大規模な住宅改修が4件同時に動いています。また来月から新築が1件スタートします。
取引銀行の支店長とも少し話をしていましたが、受注も大事ですが目の前のお客様の家が大事だと話をしていました。
受注をコントロールすることは不可能です。ですがあえて今は現場に集中すべき時期なのではと考えています。
偉そうに。。と言われ兼ねない話ですが、京都のような町で仕事をするためには信用が大事です。
無理にセーブしませんが、まずは目の前に集中します。

学びになりました。

2019.02.13

 相変わらず多忙です。と書きたいところですが1月、2月は比較的ゆるいです。という訳でもなくやるべき事はたくさんあります。そんな中でも取引業者(職人)さんの多忙ぶりは相当なもので、仕事のご依頼をいただいてもなかなか施工ができない状況が続いています。

弊社だけがそうなのかと思い、同業者の方に聞くとどうも同じようです。
そんな中で連絡が取れなくなったり、対応が急に横柄になる職人さんも現れました。こんな事をココで書くべきではありませんが、私はすごく勉強になりました。そんな態度は自分ではとっていないつもりですがつい仕事が多かったり多忙だったりすると何気ない仕草や言動が横柄になっているのでは?と自問しました。100%ないとは言えないかも。。。

謙虚にせねば大事な人、機会、事を失ってしまうと反省しました。
特に信用は一度失うとそう簡単にはリカバリー出来ません。
信用はとにかく商売の肝にあたる部分です。

最低限、忙しい時は忙しくて動けませんと定期連絡入れるべきですし、工事になかなか着手出来ない時も定期連絡を入れないとダメだと思いました。お客様に寄り添う事を第一と考えていた割に動きが悪すぎです。

昨年の地震に始まり台風、消費増税前となれば忙しいのは当たり前です。(弊社はそこまででないのが問題)
そんな時だからこそ謙虚に丁寧に人と向き合う事が大事だとこの頃の取引先さんの対応を見ていて気づきました。

言い訳せず謙虚に頑張れと自分に言い聞かせます。