社長ブログ - 2014年02月

見積と計画。

2014.02.27

午前中は見積の提出に行ってきました。

打ち合わせの中で家具、書類など様々なものが家の中にあり、整理をしなければ工事が出来ないという話になりました。
皆さんお忙しく、整理を誰がどうするかというのが焦点になっております。

引き取り業者さんに依頼するにしても、どれを残してどれを処分するのかという決断をお施主さまにしていただかねばなりません。


愛着があるので処分に躊躇する事も多く、工事後どこに何を置こうかという事も事前に検討しなければなりません。
私はとりあえず家具リストを作成し、図面にレイアウトしつつあります。

荷物を運んだりというのは、何とか私でも対応できますが、私たちは決める事が出来ません。
この辺で足踏みしてリフォームを断念される方もあると聞いた事があります。

何とかお役に立てる方法はないもんでしょうかね。

よくお話する基準は3ヶ月又は3年触れていない物はほぼ先々で使う事が無いので処分されてはどうですか?と人には伝えているものの、自宅を見ると不用品的なものが溢れています。
迷う気持ちはよくわかりますので、本当に何か方法があれば良いなと思います。
そして1人が1年で増やす荷物は約1立方と聞きます。そう思うと1年でトラック1台分の物を処分しないと追いつきませんね。


そして午後からは事務所で見積と戦っていました。

もう血の気が引きそうなぐらいの数字になっています。
まあこれからが本番なんですが、軽微な設計変更しか出来ない仕組みになっているので、乾いたぞうきんを絞り倒す勢いが今の私には必要です。



見積と同時に家具の計画に挑戦しています。
考えれば考える程、普段使っている家具がいかに計算され尽くされているのかがよく理解出来ました。
計画は出戻りばかりでお施主さまにはご迷惑をかけています。
でも個人的には知らなかった事を沢山知り得て楽しんでいる節もあります。

本来、家具の専門家に依頼した方がスムーズだったかもしれませんし、工程の出戻りもなく出来たかもしれません。
そんな中で、図面とにらめっこしながらパーツごとに専門家と協議し取りまとめています。
でも期待を超える物をサラッと当たり前に提供出来なきゃプロじゃないですね。

業者さんとゴソゴソ図面のやり取りをして報告だけでもしておこうとしていたら「川本さんの途中経過はどうでもいいでしょ。出来る方法をちゃんと確認してから報告しなさいよ。」「あんたは仕事。お施主さんは違うでしょ。相手に手間をかけさせたら駄目でしょ!」おっしゃる通りです。

思いが強いと周りが見えなくなる悪いクセです。亥年生まれのなせる技です。
そしてそのあと反省をするというサイクルをいつも繰り返しています(涙)

冷静に状況を俯瞰しながら最後まであきらめず、そして楽しみながら事を進めようと思います。

出向いて。

2014.02.26

近頃、新築集合住宅の見積を進めております。

出来る限り早く提出すべく夜なべをしております。相変わらずですが、積算に時間がかかっています。そこで各業者さんの力をお借りしてという状態なのですが、消費増税前という事で、皆さん多忙をきわめておりなかなか前に進みません。それでも相手がどうだからというのではなく最後は自分の力で何とかせねばと思っています。

その積算をしている図面の中で、施主支給というかワンプライスの資材が含まれており、基本的にはネットでしか販売していないものになりますので、デリバリーや仕組をしっかり此方が理解していないと現場が絶対に混乱すると思い、大阪の事務所まで出向きました。

近頃は施主支給というのがほぼ当たり前になりつつあります。その中でも今日行った会社の商品はローコストな上にデザインも優れており非常に人気です。

正直、業者割引的なものは一切なく、こちらの商売としては難しい面も多く利益率をいつも圧迫しています。
でもおしゃれでローコストという事なら皆さん飛びつくでしょうね。そこに関しては理解しているつもりです。

利益率はある程度仕方ないとしても、デリバリー等で問題が起これば、いくら施主支給でも責任がこちらにかかる事もあり慎重に進めたいと考えています。

とりあえずお会いしてわかった事は、積算や数量の拾いだしは一切しませんとの事でした。数量は我々が責任もって拾い出しする事になります。
デリバリーや納まり等に関しては法人部署があり、ご協力いただける事になりました。

素敵な商品を沢山見れた事もあり、今日はわざわざ出向いて行って正解でした。

ある程度の規模の集合住宅となれば、些細な事で大きな損失を出しかねないので本当に怖いです。
例えば単価が100円違っていたとして、1000平米程の規模となると一瞬で10万円が吹っ飛びます。それは弊社だけじゃなくてお施主様にもご迷惑をおかけしかねない事態です。

そんな事でしばらくは積算に集中しつつ普段の業務を頑張ります。

大阪駅周辺は、おしゃれな街になりましたね。でも私には都会過ぎてまだ馴染めません。
京都に戻った時に、鴨川や北山の風景、低い建物のかわいい町並みの京都市内をみてほっとしています。

影響。

2014.02.24

この土日はお休みをいただきお出かけをしていました。

しっかり気分転換出来たので今日から新たな気持ちで頑張ります。

今日の夕方からは引き渡しを行いました。
11月に計画をスタートして2月の末までに仕上げるという事で弊社にしては比較的速いスケジュールでの工事でした。

少し変わった形態の内容でしたし、今まで経験をした事がないスタイルですのでお施主さんの力を借りて試行錯誤しながら打ち合わせを進めました。様々な事が超がつくくらいの即決でしたので、順調に工事が進みました。

そしてお施主さんのお知り合いが一部業者さんとして現場に入るというのも前提条件でしたので、うまく取りまとめないと収拾がつきにくいかなという事も少し心配していたのですが、施主さんに喜んでもらいたいという一点の曇りもないメンバーが揃いましたので本当に活きた現場というのを体感する事が出来ました。

引き渡しを終えてから事務所にもどりボーッとしながら考えていた事は、うまく表現できませんが「施主力」というのが工事を進める上で大きな影響を与えるんだろうという事。

現場でモノを作るのが私たちの仕事です。
仕事とはいえ人ですから誰しも気分良く仕事がしたいと考えています。

そんな中、ご家族揃って多大なご支援を頂きました。
物心両面のそのご支援のおかげでチームがうまくまとまり機能した良い現場でした。

私は元気をいただきましたし、職人さんたちも元気や感謝の言葉をいただき、仕事の質を高めてみようと挑戦したんじゃないでしょうか。
事務所ではスタッフが口を揃えていい現場でしたねと笑顔が溢れていました。そしてなぜかシンクロニシティ的な事も多かった気がします。

もちろん普段の仕事も頑張っていますが、お施主さんの明るく前向きな力というのが現場に大きな力を与えるものだとしみじみ思いました。


ありがとうございました。

よくこのブログでも書いていますが、弊社の最大の自慢がお施主さんです。

素晴らしいお施主さんばかりでいつも助けていただき感謝しています。

明日も素敵なご家族がお住まいの家で工事をします。

そう思うと建築は本当に良い仕事ですね。



内観です。数値ではわからない事ですが、居心地は大事だと思います。

猫。

2014.02.21

今日の午前中は猫を病院に連れて行きました。
一昨日あたりからまともに食事もとらず、水も飲まずという状態でした。
病院で見てもらうと、前回受診したときよりも相当体重が落ちていたようでした。そして血液検査をするにも血管が硬化しており採血もままならない状態でした。

とりあえず点滴と投薬をして自宅に戻りましたが、足元もおぼつかない状態でした。

先ほど帰宅した家内から電話があり、病気の猫がどこにも見当たらないとの事でした。
もう1時間程家中くまなく探しているそうですが、おそらく猫しか通れない場所から床下に入ったのではという結論です。

早く帰って探さなきゃいけないのですが、まだ仕事が残っています。明日と明後日も私用ですが断りにくい予定があるので、家内にその旨を伝えて段取りを進めています。

もし最悪の結果ならどうしよう。と心配はつのりますが今日、病院で弱った猫を見て随分悩みました。昨年、亡くなった猫は徹底的に介護していました。その介護そのものが、猫にとって本当に良かった事なのかという結論がまだ出ていません。普段、家の中にしかいない猫を無理矢理病院に連れて行く方がストレスが大きいのではという気持ちがこの段階では大きいです。

どのみち、介護してもしなくても後悔する事は間違いがありませんし、もうすでに早く気づいてあげられなかった事、もっと可愛がればよかった事、食事を制限した事など色んな事を後悔しはじめています。

せめて最後にきちんとお別れ出来ればという思いもあるのですが、床下なら床を壊さなければならず、床下にいる確証もなく、今は仕事をしながらじっと思案しています。

ひょっこり出てきてくれたらどれだけ嬉しい事か。

出来るだけ早く帰宅すべく頑張って仕事します。

躾。

2014.02.20

ここしばらく仕事から帰るのが遅かったので朝はゆっくり出勤しました。

あ〜ゆっくり出来た。と思うか、マズいゆっくりしすぎた。では同じ時間を過ごしても意味合いが違いますね。
私はどちらかと言えば後者かと思います。

でもゆっくりできたおかげで疲れは取れました。


午後は改修工事のご検討をされているお客様とショールームに行きました。
ショールームのスタッフ皆さんに言える事ですが、きちんと躾がよく出来ています。

身なり、態度、姿勢、言葉遣いなどが相変わらずきちんとしていました。
不快に思うような事はまず無いし、丁寧な対応ですのでつい長居してしまいそうになります。

元々の素養もあると思いますが、教育と本人の努力なんでしょうね。

若いうちからそういうスタイルを身につけると自分の財産になるんだろうと思います。
付け焼き刃では無理でしょうね。
私はもう少しだけでも行儀良くならねばと思います。

下手。

2014.02.20

今日の午前中は網戸の張り替えをしていました。
若い頃はよくしていましたが、手間がどう考えても合わないので近頃はとんとご無沙汰でした。

作業自体は嫌いではないのですが、職人さんの手仕事を見ていると恥ずかしいです。皆さん毎日同じ事をしているからと言っていますが、丁寧に最後まで詰めて仕上げるその根気は私にはありません。半日が限度です。

午後は図面の打ち合わせに行ってきました。基本プランの合意がほぼ決まりましたので、図面の修正と再見積です。
来週始めには提出したいところです。頑張ります!

今日はあるところへ提出した書類をスタッフ(年長)が見て「あんたの文章ヘタすぎるわ。逆の意味にとれるで。いつもそうじゃないの!」とかなりお叱りを受けました。以前からメール等でも誤解を受ける事があり、時々チェックしてもらっていたんですが、近頃はそんな事おかまい無しにしていましたが、ついに情けない文章を見つかってしまいました。まあ指摘してくれるスタッフがいるというのは有り難い事です。

他にもきちんと伝わっていないケースがあるのでは?と思い、用件を図面に描き込んで提出するという方法をとってみました。
成果はわかりません。そんな作業をしながら思った事は「イラスト」がきちんと描ければ良いなと思いました。

図面で提出しても具体的にイメージしにくい部分をどう表現したら良いのかというのが以前から課題でした。

寸法よりも、雰囲気や曖昧なモノをきちんと伝える事が出来れば、打ち合わせをしていてもお互いに楽しくなるんじゃないかと思いました。

良い設計者は表現力があるんでしょうね。

四十の手習いは、どこまでいっても幼稚かもしれません。でもやらないよりはマシと思い挑戦してみます。

相談。

2014.02.18

今日は新築現場の古建具を引き上げて持ち帰りました。

思い入れがある物を再利用して少しでも「記憶」を残しておくというのも良いかと思います。
その途中、所用がありスタッフの家に立ち寄りました。

前職を退職し、未来に不安を抱えたり夢を語り合った事がある場所でしたので懐かしく思います。
縁があって集まったスタッフですから大事にしないといけませんね。

午後に事務所で見積をしていると、久しぶりのお客様から電話がありました。
不動産情報についての照会です。不動産屋さんじゃないんですとは言わず、物件を探してくれる不動産屋さんにお願いする段取りを考えています。

以前、合同でセミナーをした偉大な税理士先生が「なんでも相談して下さい。その準備はできています。本当に何でも」とおっしゃっていた言葉が私の中に鮮烈に残っており、出来るだけ実践の方向で動きたいと自分に言い聞かせています。

そもそも相談しやすい雰囲気のパーソナリティではありませんので、そうそう多くもありませんが、頼りにされているというのが生きてる実感というか、私は孤独の中でも独り立ち出来る程強くありませんので、そう言った依頼を受けると人として存在していると実感できるのかもしれません。山の場合は孤独の中で自分がどれだけ大きな自然に向き合えるかを楽しみたい時もありますが。

マザーテレサでしたかね。たしか「この世で一番大きな苦しみは、ひとりぼっちで、誰からも必要とされず、愛されていない人々の苦しみです」というのを以前どこかで読んだ時に、本当にそう思いました。特に弊社のような超零細企業は、存在している事すら世間に認知されていませんから、本業と関係ない事でも相談されたらありがたいものです。

まあたいそうな事を書いていますが、お気軽にご相談下さいという事です。そしてなにかご相談があった時には、私ができない事でもビシッと動いてくれる素敵な人たちが周りにおります。

とはいえ人に相談出来ない問題の芽を見つけてしまいましたので、今日は、しばらく仕事をしつつその問題をどう解決するのか考えてみます。
話がちくはぐですが、相談出来る程にも頭が整理出来ていませんという事です。直感的にマズいぞという状態です。

明日は久しぶりに作業をしますので、ちょっとだけ楽しみにしています。

どんくさい。

2014.02.17

昨日も室内クライミングに行ってきました。

もう、めげそうな位に登れません。
初めてジムに来たという若者達よりも登れずこの半年何をしていたんだろうという具合です。
他のジム行ったときも「何でのぼれへんの?」さめた一言を浴びせられる始末です。
相変わらずどんくさいオッサンです。

以前の私なら、楽しくないからやーめた!となるかもしれませんが、変に気合いを入れず淡々と地道に続けるしかないと思っています。
悔しいとか、楽しいとかの感情にできるだけ振り回される事無く淡々と練習するようにしておかないと、やらない理由探しばかりしてしまいそうです。
せっかく教えてもらっても、体が言う事きかないのもしんどいです。
そう言いながらも本音では未来の自分の為に今の情けなさを楽しんでいます。

そのあと、同行くださった方と飲みに行きました。
溢れんばかりのエネルギーと話題と鋭い見解と良い笑顔を持つ方でしたので、あまりに楽しくついつい飲み過ぎてしました。
ありがとうございました。オッサンは元気に自宅まで歩いて帰ってしまいました。

今日は新築工事の解体が始まった現場に行きました。本格的な解体はまだ少し先になります。
表札がそのままでしたので、こっそり事務所に持ち帰りました。解体の際に忘れる事が多いので一応という事で。
またお会いした際にどうするかお聞きしてみます。

夕方疲れてきたので少しネットをしていました。

「ぺん太のこと」
http://dekuchin.web.fc2.com/penta/penta.html

を見つけてしまいしばし読んでいると、年甲斐も無く事務所で大泣きしてしまいました。
事務員にばれないように声を殺していたのですが、「あんた何泣いてんの?」と画面をのぞきこまれてばれてしまいました。
半年前に大事な猫を亡くしました。もうペットロスなんて無いと思っていましたが、ぺん太が飼い猫によく似てて・・・
事務員も先月猫を無くして同じサイトを見て大泣きしていたそうです。

まあそんな事で相変わらずどんくさいオッサンですわ。



珪藻土塗りです。

上手な杉山さんの手による仕上げです。以前、杉山スペシャルと言っていた外装に少しにたパターンです。
説明になっていませんが、ある程度広い面積を同じパターンで塗るというのは、体力とメンタリティが整っていないと出来ない技です。
ちなみに気分や体力にムラがあると壁のパターンに明確に現れますよ。

河本。

2014.02.14

市内はきれいな雪景色でした。

現場の采配の事について問題が起こる可能性が発覚しました。

午後はその件でずいぶんと悩み調整をしてみましたが、私の実力不足で事がままならない状態で夜を迎えました。

建築の仕事は伝言ゲームのようなものですから、私の姿勢や思想がきちんと伝わっていなかったと反省しています。テクニカルな部分なので施主さんにご迷惑をおかけするような事ではありませんし、おそらく何事もなくスルーする話になるかと思いますが、私個人の建築屋としての矜持に関わる事なので本当に悔しい思いをしています。

もっと高みを目指して自分自身の影響力のレベルを上げる事が急務と痛感しました。


外回りを終えて夕方事務所についたとたんに、お客様から電話がありました。
モノを落として排水が詰まったのですぐに来て欲しいという電話でした。

一日台所が使えなくても・・・とも考えられますが、「もう私だめやわ」と何度もおっしゃる声色をお聞きし、排水の事だけじゃなくて思いは別にあると思いすぐに出向きました。

排水は10分程で修理が終わり少しだけ話をしました。

まだ弱気な事をおっしゃっていましたが、帰る頃には少し元気になられていました。

仕事かといえば仕事じゃないような話ですが、少なくとも心細さが少しは緩和できたのであれば、これはこれで私の役割が果たせたという事かもしれませんね。資格や特殊なスキルがある訳ではないので、そんな事しか出来ずともそれが私の役割という事なんでしょうかね。

建築の仕事を通じて出会った人たちの笑顔を見るのが一番のご褒美。

と言いつつ、こんな事ばかりしていて会社は存続出来るのだろうかと少し心配している自分もおります。

ひとつ嬉しい事は、そのお客様のご自宅にある大きなガラステーブルに1枚紙が挟んでありました。
「河本090−○○○○ー○○○○」 と。

人脈も豊富な方ですが、唯一いつでもかけられるように電話番号を貼られていたのを見て、頼りにしてくださってありがとうございます。と心の中で御礼をしてきました。

ただし私は河本ではなく川本です(笑)

取り組んだ。

2014.02.13

先日、クライミングジムに行ってきました。
時々行っていますが、まったく上達せずという状態が続いています。筋肉痛だけは一人前です。普段使わない筋肉がどこなのかがよくわかります。

昨日の夜にふと思った事ですが 、頭で考えずに無意識に体が動くレベルまで徹底して練習する事が必要だろうと思いました。


仕事では見積やプランを提出する機会が少しだけ増えてきました。

大きな仕事、小さな仕事とさまざまです。受注出来る事もあれば、そうでない事もあります。
そんな中で、受注を逃した仕事について少し考えてみました。
色んな要件が重なり受注できないのですが、プランや見積に真剣に取り組んだという事実だけは残ります。
そしてその真剣に取り組んだ時間こそが、すごく大事なんじゃないかと考えるようにしました。

クライミングの練習と同じで、突き抜ける瞬間まで徹底的に量をこなさないと到達出来ない世界があるはずです。
受注を逃す事を失敗と捉えず、良い仕事に巡り会う為のトレーニングと考えると深夜労働も楽しくなるはずです。


今日もある案件について、深く掘り下げて調べたところ大きな問題もなく物事が進みそうな事がわかりました。
失敗と言えば失敗ですが私には一つ大きな知力がついたという意味においては良い事だったと考えます。
ただ今回は人知れず動いてくれていた方々があり申し訳ない気持ちと感謝の気持ちは忘れないようにします。

壁にぶつかり凹むというよりは、筋繊維がぶち切れて更に大きな筋肉つくはずと自分に言い聞かせながら日々を過ごしてみようと思いながら1日を終える事にします。

そんな事で、色んな相談、ご依頼大歓迎です。

資源。

2014.02.12

昨日は休む予定でしたが、仕事に出向きました。
少しだけでも仕事を前に進めておきたいと思い趣味はお休みしました。
結果的に頑張って良かったと思える1日でした。

今日は早朝に事務所に入り、散らかってきた事務所の整理をしました。
メゾネットになっている事務所です。2階の自分の周りはもちろんの事、お客様と打ち合わせする為のスペースがかなり散らかっていました。
人をお迎えするという心が足りなかったのかもしれません。

いくつか繁盛している会社の事務所や応接間を見て思う事は当然のようにきれいに整理整頓されている事。
まだ散らかっていますので、時期をみて在庫の建材なども処分します。

本当は現場が終わるたびに在庫が増えるので、もう少し大きな事務所に移転したいところです。

午後は、来月着工予定の現場の不要家具類整理の立ち会いに行きました。
リサイクル業者さんをご紹介させていただきました。

一見不要と思われるものでも、必要な人には素敵な物に変わるんですね。
今後も、不用品を不用品と見なさず資源ととらえて、必要だと思う人の手に届くお手伝いが出来ればと思います。

そして今度弊社で処分する建材も欲しいという人が現れれば良いな。と淡い期待をしています。

社会の不用品と呼ばれず、社会の資源と言われるような会社や人でありたいものです。

即応。

2014.02.10

今日は朝からトラブルが発生しました。

この仕事をしていたらある意味避けては通れない事なんですが、朝の電話はどきどきしました。

予定を変更して現場に急行しました。道中、問題を解決する為の根回しとシミュレーションをしっかりした上で事に望みました。
現場についてからは、速やかに対応する旨お伝えしてきました。

とりあえずは即応という事です。
猫は寝ていても物音がするとダッシュで逃げ出せる。そんなくらいのスピード感が理想です。

まずは無事に解決するようきちんと対応します。

立場上、追って上司と相談とはまいりませんので、その場である程度の結論を出す訓練をもっとしておかないと駄目だなと思いました。

その後は住宅改修の打ち合わせを行いました。
ご家族の意図、想いをたくさんお聞きしましたので、プラン、見積に反映させます。
その際にお伝えした事は、工事を終えると直しはそうそう出来ないという事。

これも何度も書いていますが、工事が終わってから後悔してもそうそうやり直しは出来ませんので、プラン、見積が確定するまで何度も協議を重ねます。私たちは過去の経験や知り得た情報を踏まえてどしどし提案します。時にはしつこいとか、もうわかっている等とお叱りをうけますが、ある意味しつこいくらいに語り合って作った建物は後悔よりも喜びが多い建物になったと感じています。

弊社のスタッフからも「あんたはしつこい」と何度も言われた事があります。私は粘っていると反論しています。

工事が始まっても猶予がある限りの変更も最大限対応するつもりです。というのが、ある程度形が出来て、現場をみてお客様が気づいた事、感じた事が多いからです。

工事をしている業者が言うのもなんですが、工事は本当に楽しいです。工事に取り組む期間は良くも悪くもテンションが高い日々を過ごす事になります。

いくつかのプロジェクトがそろそろ動き出しています。

即応の体制を強化して保留を撃滅したいと願う日々を過ごしています。

そういえば昔即応予備自衛官として過ごした日々もありました。当時は貧しくきちんと訓練に参加出来ない状況もあり退官しましたが、また機会があればお世話になった国に恩返しが出来ればと思う日もあります。現実には商売に身も心も捧げていますのであくまで妄想です。
税金を払う事で恩返しをするという事にしておきます。

土曜の午後。

2014.02.08

今日の朝から収益物件についての打ち合わせに行きました。開発に絡む案件です。少しややこしい問題が発生しており、各専門家の方のご意見を聞きながら今後の展開を考えながら動いています。自分自身の中ではある方法が見えましたが、あとはとことん確認をして行動する段階に行きつつあると考えています。

とはいえ何より大事な事は事業主の意向ですのでしっかり本音で話し合いながらの作業も同時に進めてまいります。
頼りない面もあるかと思いますが、どうかお付き合いください。


打ち合わせ終了後、現場を廻ってきました。土曜日は基本的にスタッフはお休みにしてもらっています。週休2日制というやつです。ですので出来るだけ土曜日は現場を廻って気づいた事をメモにしてスタッフに渡すようにしております。

旧態依然の業種ですので難しい面もありますが、ろくに休みも無く働くというのは現代の風潮に合いませんので強制的にでも休んでもらわないとと考えています。実際は難しいです。

現場を一回りして事務所に戻りました。誰もいない事務所で大好きな音楽をかけながら仕事をしています。

誰もいなくて、電話が少ない土曜日の午後の事務所というのが好きです。頭の中で考えている事をノートに書き出しています。

軌道修正したり、客観視してみたりしております。

そんな時間が終われば一気に作業して帰ります。



外壁の一部にレッドシダーを使用しております。今回、予定してた商品が欠品でワングレード上の商品を施工しました。メーカーさんには協力してもらい助かりました。価格が上がっただけの事がある素晴らしい品質の材でした。

無事。

2014.02.07

昨日は友人のコンサルタントさんとミーティングでした。
昨年から勉強会をしましょうと話をしていた事を実際の行動に移しました。
長く続けるようにしたいと考えています。


事務所での作業や、現場、打ち合わせなど相変わらずの1日でした。
スタッフによると、社内で私はものすごく機嫌が悪かったそうです。きついご指摘がありました。

色んな事があってもそんな表情、態度は駄目ですね。一人の時に不機嫌になります。
思い通りにならない事や表面化している問題については解決の道があると思いますが、内面についての葛藤はなかなか解決せずです。

客観的にみると「あんた暇やなあ」となります。
もう少し予定を詰め込んだ方が余計な事を考えずに済むかもしれませんね。注意します。

夕方、創業以前からお世話になっているお客様から電話がありました。お店のトイレが壊れたので見に来て欲しいというご依頼でした。
打ち合わせを終えて急行したらトイレの中の部品が故障していました。私では部品調達が難しく業者さんを手配しました。
手配後、自宅まで送って欲しいと頼まれましたのでお送りしました。

22歳から55年間、ほぼ休み無く働いてこられた方がぼちぼちお店を閉める事にしたとお聞きしました。
商売は疲れたとおっしゃっていましたが、何件ものお店を切盛りして、繁盛店に育ててお子さんも独り立ちさせて、資産まで形成されて私の商売の見本にしているお客様です。今日の「疲れた」は私にとって少し寂しい思いがしました。

いつお会いしても勢いがあり、決断力が早く、押しもそこそこ強く、価格交渉ではいつもしてやられていました(笑)
家やお店の建築についていつも声をかけてくださっていました。その時にも商売の事を教えてもらっていました。

寂しいと先ほど書きましたが、55年間も第一線で商売を続けてこられたというのが創業10年の私には遠い未来のようです。
本当にお疲れさまでした。のんびりされて下さい。と言っても何かご商売でも始めるんじゃ無いかという気もします。

私の歳で55年といえば88歳になります。100パーセント生きていないでしょう。

とはいえ体が続く限り商売は続けたいと思います。

無事之名馬です。

やる事が。

2014.02.05

今日の午前中は新築集合住宅の打ち合わせに行きました。

打ち合わせをスタートしておよそ1年ほど経過したと思います。設計図書類がUPされましたのでいよいよ見積開始となります。
相当数ページがありますので、まず図面の把握からスタートします。色鉛筆を駆使して各業者さんの積算範囲を特定し、不明な点を洗い出した後に入力開始となります。約2〜3週間程度、ほぼ掛かり切りとなると思います。

他にもご依頼いただいているお見積等があるので、段取りよく予定を組んで何とか仕上げたいと思います。

合わせて工事の準備を随時進めていきます。解体とか近隣挨拶、地鎮祭の用意、業者さんの手配等やる事が山ほどあります。
やる事が目白押しなのは素敵な事です。

普段の段取りが悪いだけでそう多忙ではないんですが、なんと夕方のアポイント時間を間違いお客様にご迷惑をおかけしてしまいました。
ご迷惑をおかけいたしました。あってはならない失態です。
お客様は優しく笑顔で迎えてくださりましたが、貴重な時間を無駄にしてしまい本当に申し訳ないです。工事でしっかりお返し出来るよう頑張ります。

ちゃんと寝てしっかり働かねば。
もう若くないんですね。

明日提出する見積の詰め、仕様書、図面のチェックをして帰ります。

寄り添う。

2014.02.04

昨日はお休みを頂いて例のごとく山歩きに行っていました。

今回は雪山ではなく京都1周トレイル 東山コースと行って伏見稲荷から比叡山までのうち、伏見稲荷から銀閣寺まで歩きました。
およそ距離は17キロ。その後吉田神社の節分祭に少し寄って事務所へ入りほんの少しだけ仕事をして、事務所から自宅の近所まで歩いてみました。本当は自宅まで歩くつもりでしたが、小指の爪がめくれてしまいました。

歩きながら考えると前向きなアイデアが浮かぶので好きなのですが、思いついた事をメモ出来ないのが残念です。


今日は土地の有効活用について打ち合わせをしてきました。
大きな問題が見つかりお施主様は少し悲しい顔をされていました。以前よりお任せしますとお聞きしていた事もあるのですが、ガッカリを喜びに変えられるようにしっかりと寄り添ってみようと決めました。お施主さんが嫌がらなければですが。

結果はどうなるかわかりませんが、まずその辺を自分の中で肚を決めます。

近頃、真剣に頑張ってみたいと思えるお施主さんに出会う機会が多くウチの会社はなんて幸せなんだろうと思います。

今日は節分ですね。

いよいよ懸念していた後厄も終わりしっかりリスタートします。

その厄について昨日歩きながら考えていました。
結局大きな厄災もなく終える事ができました。心の中ではしんどい日々を過ごした事もありましたが本当に無事に終わったという感じです。
ふと去年亡くなったネコの事を思い出していました。。

私に本当に懐いていたネコでしたので、私のネガティブな要素を全て受け入れて身代わりになってくれていたんじゃないかと思いました。

本当につらい介護に耐えて私に寄り添ってくれていました。 今日、奥さんからその亡くなったネコの匂いがしたとメールが届きました。
奥さんの解釈では次の生まれ変わりが完了したのではという事でしたが、私を守るというお役目を終えてようやく安堵したのではないかと私は思います。ありがとうね。

ネコに負けず私も一途に大事な人の為に頑張ります。

万事。

2014.02.01

今日は朝から宇治に出向き樋の修理に挑戦しました。

数年前に弊社で工事をさせていただいたお客様宅の樋です。簡単に直るだろうと思いきや難儀しました。
結局、改めて職方さんに来てもらってなおす事にしました。どうも最初からだったのかもしれません。そうであれば反省しなければなりません。順番的に後から直すのが難しい構造でした。

もっとちゃんと確認をしなきゃいけません。反省です。

その後、そのまま伏見の現場で打ち合わせを行う予定でしたが財布を忘れており事務所に急遽戻る事にしました。
お金を持たない状態での都市のサバイバルも良いかとか言いながら、引き続き現場を廻る事も考えていましたが、ガソリンが心配でとりあえず戻りました。
アホな事をしてしまいました。時間のロスです。

それからは、現在工事中の現場に行って確認をしました。私が設計的な事をしたので気になって仕方がありません。
現場前を少しだけ掃除したり、花壇の予定場所のコンクリートガラを取り除いたりしていました。
今日のような凡ミスが無いように現場のチェックを行いつつ、残りの工事の事を考えていました。

その中で少し気づいた事がありましたので、折をみて提案してみようかと思います。

そして事務所に戻りいつものように仕事をしようとしたら社内のネットワークの不備でデータファイルにアクセスが出来ない状態に(涙)

ネットワークの復旧をしてようやく業務開始です。mac単体ならあまり心配ないんですがいまだにxpなんぞをmacにインストールしているので不具合が出るとややこしいです。

そろそろxpやめなきゃいけませんね。macのメモリが対応出来るのかが心配です。

車も気温が高かったり低かったりで少しご機嫌斜めです。今の日本車のような完璧なマシン感覚ではなくご機嫌とりながら乗らねばなりません。ついに後ろの窓も落ちてしまいました(涙)

右足も不調気味で鍼灸のお世話になっています。疲労が溜まると歩けなくなるくらいに痛いのですが、鍼灸一発で問題解決です。

万事順調という訳ではありませんが、何となく楽しい1日でした。あと少し仕事して帰ります。



外壁材です。(写真は裏側)
日本で初の単体で「防火構造」の認定がとれている木材です。レッドシダーの木肌が優しく無機質な外壁に優しい表情をつけてくれることかと思います。

レッドシダー独特の香りはあまりしませんが、シルバーグレーに変色する過程で味わい深い意匠を醸し出してくれるはずです。
古くなってボロになるんじゃなくてアンティークと呼ばれるような良い材だと思います。

市内のど真ん中ではなかなか使いにくいですが、木目調じゃなくてちゃんとした木を使うというのも都市にとっては良い事だと思うんですけどね。



プライバシーを確保しつつなんとなく存在を感じられるというテーマの穴です。
光の漏れ具合がどうなるか楽しみです。