社長ブログ - 2013年02月

3日目。

2013.02.28

マンション工事も3日目が終わりました。



解体と墨だしが完了し明日から随時設備の仕込みにかかります。



別のマンション外部改修工事は塗装工事が完了しました。



別の現場数件も現在進行中です。



新しい現場が始まり、そして終わるという状態を日々過ごしております。



相変わらず頭の処理速度が遅く、もがいている状態ではありますが、事故も無く進んでいることが何よりだと思います。



元気な体に産んでくれた両親には感謝です。



今日の午後はお客様と現場で打合せをしていました。

小春日和の日当たりが良い現場で、お客様ご家族の皆さんとの打合せは楽しかったです。

現場で細かい打合せをしている時間は好きですし、何とかお役に立ちたいと思います。





3月9日(土)3月10日(日)の二日間はパルスプラザで行われる「住まいのコラボフェア」に出展いたします。



現在、現業の合間に準備をしていますが、まだ想定よりも準備が進まず頭を抱えています。



体力勝負な感じですね。



とりあえず顔面神経痛なのかわかりませんが、瞼がヒクヒクしてきましたので、今日はこの辺で。













なければ。

2013.02.27

ブログの文字の大きさがバラバラですね。



申し訳ありません。編集の仕方がおかしいんだと思います。



今日の午前中は現場、午後から事務所にこもって製図、段取り、見積をしていました。



外で人と会って打合せすることは大好きなのですが、今日の作業は苦手な事ばかりでした。



部署があって専門技術に特化できるような環境じゃないですからね。仕方ない事ですが。



苦手と言って他所に振ると思い違いがあったりする事もありますので、これはこれで良しとしておきましょう。



そう思うと、大きな会社のスケールメリットというのは凄い事なんですね。ただルールが多くなりすぎてこじんまりするのかもしれません。



新たな事をするスピードは小さい会社のほうが早いかもしれません。ただ形になって大きく流通するのは大手でしょうね。



ゲリラ的というか私は建築インディーズ系と言っていますが、アイデアやひらめきが現場に浸透するスピードは小さな会社のメリットでしょうね。

更に決裁がその場で出来ますので、仕様の変更や、現場でコラボレーションする過程で出た素敵なアイデアはすぐに実行できますね。



何が言いたいわけではありませんが、小さな会社は会社なりの存在意義、特性を生かして業務に励もうという事です。







話は変わり、京都のバスメーカーの方が今日、新商品の案内にお越しくださりました。



ホテル用の三点ユニットです。しかも1216サイズに納まる「トイレ、洗面、シャワー」という面白い構成です。



実は、弊社のお客様がされている仕事で出たアイデアで、それを具現化された商品です。



以前、1216に納まる三点ユニットってないですか?と相談を受けていましたが、私は「無いですね~」お答えするに終わりました。



ところが、ご自身でメーカーと交渉しデザインをつめて商品化されたようです。



私は「今の環境の範囲内」で行動するにとどまり、お客様は「無ければ作ろう」と動かれます。



発想や行動力がまったく違います。パンフレット見ながら「強い想いは実現するんだな~」と思いました。



素晴らしい商品ですから多く世に広がれば良いですね。





経験。

2013.02.26

今日から新しい現場がスタートしました。



マンション1室の全面改修工事です。朝から職人さん3人が入り養生作業、解体作業を行いました。

お昼過ぎまで現場に張り付いていました。



目的は当初の計画と実施との差がないかを調べるためです。まず浴室の撤去を行いました。



お客様のご好意で以前、部分的に撤去してワンサイズ大きな浴室が入るか調べさせていただいていましたが、やはり本当に問題がないのかが気がかりでした。



結果的には想像通りの仕事がしてありましたので、問題はなさそうです。



あとご希望の配線や配管が出来そうな感じです。あともう少し解体が進めばほぼ明確になります。



いつもの事ですが、解体時は緊張します。



リフォームの場合は見積に不明瞭な点があるケースがあります。

何かというと「見えない部分」があるからです。



見えない部分を想像し、下地の状況、配管
や配線のとりまわしなどを加味しながら図面を考えていきます。



今までには想像もできないような仕事をしてあるところもありましたが、経験を積んで誤差は減ってきました。

逆にある程度知る事により、「何でもします。」「出来ます」とは気軽に言えなくなっているのも事実です。



良いか悪いかは別として、今まで現場の担当者は職方の皆さんに熱いご指導をいただいたからだと思います。



現場は叱られながら覚えるのが一番ですね。



そもそもマニュアルや教科書通りにはいきません。



明日以降も現場に通いチェックを重ねてきます。







話は変わり、10年前の2月26日に前職を退職しました。



退職後、しばらく家でサラリーマンになるか創業するか悩んでいた事を思い出しました。



突然の退職でしたので、準備は何も出来ていない状態でしたが、何とか存続できました。



本当に多くの方に支えていただいたんだとしみじみ思います。



大きな会社になりました。というわけでもなく、横ばいに近い状態ではありますがありがたい事だと思います。



元々、存続し続けるという事が大事だと考えていましたので、大もうけして調子に乗って潰れた
という話を色んなところで聞いてきましたので、これはこれでOKです。



ありがとうございます。



気軽に相談できるパートナーとして存続できるよう頑張ります。



















辞書。

2013.02.25

やることリスト片付けているものの追いつかない状態です。



でもその大半の時間は・・・探し物をしているという事が多いです。



例えばメーカーの商品でしたら掛け率、単価、ケースの数量など。



図面でしたら建具図のフォーマット。色んなところに片付けています。



資料なども探すことが多いな。



施工、設計、法規、単価、掛け率、過去のデータなど整理が出来ていればまだマシなんですが、一軒一軒違う事が多いのでそのつど調べている自分があります。



ですが、今年の初めから「辞書」と呼ばれるものを作成しています。



A6のリングファイルに、知りえた情報、単価、積算方法、法規、各種申請の手続きの仕方、気づいた事などを一つの事柄に対して1ページを使い書いています。

下手なイラストなんかも入れています。



作り始めた理由は少しでも探し物を減らす為と、新しい人が入った時に、まさに辞書として使えるようにです。私が何かの理由で業務できない時も指針にはなるかと。



新卒にしても中途採用にしても、弊社とまったく同じスタイルで業務をしている会社というのは無いはずですから、何かあればその「辞書」を開き、業務の参考になればと思います。



道路使用許可とか、電鉄会社の提出書類とか、ローンの事とか、商店街の規約、マンションの規約、特殊なケースも盛り込んでおくと自分自身も忘れずに済むし、将来重要な意味を持つのではと期待しています。



続けばの話ですが・・・



明日から新しい現場がスタートします。



最大限の努力を行い良い家造りにしたいと思います。





競争。

2013.02.23

私は競争があまり好きではありません。



元々、戦う職場にいた身ではありますが、競争は苦手です。(守るという大儀が必要です)



今でも見積などは70パーセントは相見積という状態です。当然といえば当然だとは思いますが、競合先の情報を仕入れたり、無理に単価を下げてみたりという事は考えていません。



お客様のニーズがどこにあり、どうすれば「理想の住まい」という夢に近づけるかという一点で仕事をしています。



独りよがりな部分もあるかと思いますが、価格ではあまり勝負しません。



ですから、プランなどに時間を費やします。



その中で予算が合わず「あんたに任せたいから何とか下げてくれ」という事なら様々な角度から検討しバリューエンジニアリングします。



プランや会社の姿勢、体力、ブランドなどで考え方が合わない、フィーリングが合わない、家造りのパートナーとして合わないというのは仕方がないとは思っています。



お客様と価値観を共有できる家造りが出来る事が一番幸せですね。



どんな人でも自分が惚れた人のためには頑張りたいと思うのは世の常かと思います。



だからゆがんだ競争は好きではありません。







気づき。

2013.02.23

今日は仕事が溜まっていたのにはかどりませんでした。



そんな日もあるさと割り切る努力をしています。



現場は相変わらず寒いなか皆さん頑張ってくれています。



ある工事現場の話。



プランは弊社が提案したプランに似ています。



それはまあ、色んな関係性があっての事なので多くの事は語りません。



挨拶や駐車マナーなど疑問に思う事が多々あります。



看板前を塞いでいます。そして入居者の出入りが不自由なときがありました。



挨拶はあまり期待していませんが、背中を向けられるとがっかりします。



他社の仕事ぶりに文句が言いたい訳ではなく、直接、文句が出ずとも近隣には不満がある可能性があるという事。



駐車、清掃、騒音、児童の登校時間、ごみの日の対応、挨拶、など近隣にはさらに配慮したほうが良いなと思いました。



工事には必ず騒音、ホコリはつきものです。ただ開き直るのではなく少しでも配慮を重ねる必要があるという事を再認識しました。



結果的にはお客様に返ってくる話ですから、現場ルールの再構築をすることにしました。



勉強になりました。







ハートがある人。

2013.02.21

今日は寒い1日でしたね。



北区の現場へ行きました。



ほぼ毎日通っていますが、今日も雪がちらついていました。



そんな中、黙々と作業をしている職人さんたちには頭が下がります。ありがとうございます。

私は私のフィールドで皆さんに恩返しできるように頑張ります。





あるお客様からのご依頼で、弊社に何とか仕事を発注したいので、頑張って欲しいという連絡をいただきました。



結果はどうなるかわかりませんが、
最善を尽くしてみたいと思います。ありがとうございます。



ハートがある人にお会いすると暖かい気持ちになりますね。



上手に工事を終えられたお客様というのは、ハートがある方が多いですね。



そして我々をただの業者ではなく家造りのパートナーとして扱ってくださります。




そんな方々と色んな世間話をしたりする中で
そのご家族に似合うプランが出来、ライフスタイルを知ることにより、更に工事がアップグレードするのではと思います。



逆に、頭ごなしに「
金払ってやるんだからやっとけ」というスタンスでしたら、会話やコミュニケーションもままならず、上手くかみ合わない工事となるのではと思います。



予算も大事ですしプランも大事ですが、人間関係は工事を円滑に進める上で大事な要素だと思います。







精一杯。

2013.02.20

事務所で作業をしています。



写真を加工して外部のイメージを作成してみましたが、どうあがいても幼稚なものしか出来ませんでした。



そしてお客様にメール送付しました。



普段は書きませんが「精一杯作りました」とコメントを思わず書いてしまいました。慣れない事、苦手な事というのは沢山ありますが、お客様の夢をともに叶えるという作業の中でどうしても出てきます。



その中で、ある程度協力者にお願いし作ってもらったり、意見を聞きながら作業を進めたりもしますが、誰にも頼めないような事もあります。



そんなときは「出来ません」とは出来る限り言わず「出来るかわかりませんが、挑戦してみます」とお伝えしています。



成果のみを見ると稚拙なものでも、私なりには精一杯やりましたので、今回は「精一杯つくりました」とコメントしました。



プロとしては失格という意見もありそうですが。



自分の得意なコトや好きなコトに特化するというのは絶対的に間違いないと、この歳になりわかってきましたが、時には挑戦も必要な事だと思います。



逆に苦手な作業をすることにより、普段作業をしてくれている人に感謝できたり尊敬できたりしますね。



良い事に気がつきました。







出来る方法。

2013.02.19

今日の業務はあと少しで終わります。



難しいのを最後に残していますが・・・



先日、書類の整理について書いていましたが、セミナーや勉強会のレジュメもいくつか整理しました。



今更ながら気づいた事は、コメントはレジュメに書かず、ノートに書いていました。



ノートとレジュメの整合性が合わず、使い物にならないのがいくつかありました。



もったいない事です。このへんの使い方の甘さがある事を反省しています。そのなかで成功哲学的なレジュメを読み返していると人脈云々とある部分を読んで思いました。



小さな会社なので情報は自分で費用をかけてでも取りに行かなければという気持ちはあります。



ところが、セミナーや交流会では一人ぼっちになる事が多いのも事実です。フレンドリーに誰とでも話せるという性格ではないので、変えたいと考えていました。



飛び込み営業苦手ですし、プライベートでの買い物では、気軽にお店の人に声をかけられません。

奥さんからは何で?と言われますが、苦手なもんは苦手です。



そんなのですから、飲食店でオーダーを忘れられてしまう事もしばしあります。



ところが近頃はようやく開き直ってきました。
変な無理はするまい。



群れなければならないという考え方を捨てて、口下手、人見知りでも出来る方法を試していきます。





もう、

2013.02.18

昨日、少しだけ事務所の配置を換えました。



弊社はメゾネット形式になっており、吹き抜けもあります。



主な業務は2階でしており、エアコンを入れていても2階が暖かくなるという事はありません。



ガスファンヒーターで暖をとっていますが、どうも足元が寒いので足に温風があたるようにしました。気分も変わりましたね。



ついでに書類を整理しました。受注し、工事をさせていただいた現場の資料は現在も残していますが、受注できなかった資料もそれなりに残していました。



もしかして気が変わったり、年数を経てまた依頼があったり・・・・しませんが、なんとなく資料として残していました。



昨日、バッサリとシュレッダーにかけてしまいました。



事務所は狭く、書類があふれかえってきたこともありますが、もう良いだろうとおもいました。



書類を整理しながらボチボチ眺めていると、参考程度といわれる見積でも、それなりに時間掛けて図面描いたり、苦労して積算したりしているのがよくわかります。まあボツになったプランなどでも秀逸なのがいくつかあり、もったいないという気もしましたね。



受注できなくても最大限の努力をした痕跡をみるとそれなりに10年も続けてこれたんだなあと思います。



会社としての派手さや広告の見せ方が上手な訳でもなく、地味にコツコツ続けた結果があるんだなあと思いました。





それと、仕事は「縁」だなあとつくづく思いました。



あとタイミングと。









今日、お客様宅の額を取り付けてきました。



工事
後約1ヶ月を経過していますが、美しい状態です。



ありがとうございました。










ブレていません。

2013.02.17

今日は日曜日です。



午後から出勤して先ほど一段落しました。



結局、今週は全て午前様に帰宅という有様です。情けない・・・・



段取りに問題がありますね。時間は全ての人に等しくというのに時間の使い方がなっていません。



打合せ、施工の管理、見積、作図など多くのバリエーションをガッツリこなしましたが、まだ完全に追いついているわけではなく、そこそこで終えています。



ある一定の商品という体系に持っていくようにも考えてみましたが、「お客様の夢の実現」というのがテーマですので、人それぞれ夢や生き方、考え方、予算や志向、将来計画から年齢、職業などまったく違いますので出来るだけの事はしたいと考えています。



何でもできるは、何も出来ないといわれますが、夢の実現という一点は意外とブレていません。



ただ社内的なシステムは強化して段取りよくしたいものです。



今日も猫の点滴がありますのでこのへんで。



新しい一週間 頑張ります。





近頃お会いする。

2013.02.13

この日曜日は厳冬期の伊吹山へ登ってきました。



単独行、吹雪、ホワイトアウト、強風とやや危険を伴う登山でしたが、何とか無事に帰ってきました。



厳冬期に一度は登ってみたいと思っていましたので、目標は達成できました。



本で読む、webで検索する、動画を見る、登山洋品店で相談するなど事前情報を出来る限り集めましたが、現地に行きいろんな事を体験し自分の心と体に厳しさを叩き込んできました。

経験に勝るものは無しですね。



今回は先の目標を見据えた登山です。目標は北アルプスです。まだまだ道のりは長いですが、一歩づつスキルを積み上げて挑戦したいと思います。





話は変わり、近頃お会いする人で良いなと思う人の特徴が改めて気づきました。



「謙虚さ」です。



ある社長さんは恐ろしく多忙な状態で愚痴も言わず、前向きに動かれています。やはりきちんと利益を出されています。



また近頃創業された経営者の方も経験やスキル、人脈など抜群の方ですが、いつも謙虚に人の話に耳を傾けられています。



他にも、すごい量とレベルの仕事をされている設計事務所さんがいくつかありますが、そろって謙虚で笑顔があふれています。(眠そうですが)



すごいです。思えば、忙しく結果を出されている方々はそろいもそろって謙虚な方ばかりでした。



お客様にもそんな素晴らしい人たちが沢山います。



私自身はそんな素晴らしい人たちのお役に立ちたいと思います。









伊吹山の山頂です。ヨレヨレです。







自然の芸術です。エビの
尻尾







日本武尊 強風でした。













ホームセンターで。

2013.02.09

今日はお客様とホームセンターに行きました。



何をしに行ったかというと、住宅設備機器を見に行きました。



所有される集合住宅、貸家などに設置するかの検討のためです。



コスト的には安いですね。



インターネットをはじめ、ホームセンターや問屋さんの直接販売など、変化する流通に対応すべきなのか迷うところではあります。



従来の方法を元に建築業界、住宅業界は工程管理や工事を進めてきた経緯を考えると難しい面も多々あります。



以前、施主支給サイトからの購入で販売店責任が不明瞭となる工事もありました。



その支給される商品が設置可能なのか、その器機の周りの仕上げ、納め方の検討、図面のチェックなどは工務店が行い、設置に問題があると工務店がその責めを負うというのが現実的な話です。



本来、施工の可否も含めて支給側がチェックし、下地のレベル等を我々に指示すべき事と考えています。その辺が正直工務店のノウハウというか、お金を頂いているポイントでもあります。



とは言え、世が世ですからね。



今のところ弊社のガイドラインとしては、仕上げ部分に関する材料は可としています。



設備機器で言うと給湯器、洗面化粧台、便器、洗濯機パンまでくらいですね。



浴室、キッチン、天井設置のエアコン等は基本的にはお断りしております。



今回は洗面化粧台でしたのでOKです。



次に仕上げ材と言ってもクロスや床材、タイルなどは一応お断りするケースが多いです。



納入していただいた商品に問題があった場合、またあと少し材料が足りないという場合に、ネットで注文して配達を待って改めて施工の段取りをするのはお互いに損だからです。



逆にIKEAなどの家具はお客様と一緒に見に行ったりします。内寸のデータを持って行って相談にのる事は多々あります。



組み立てる時間が無いからという事でしたら、組立を請けたりもしています。



あと、ある職種を入れて欲しいというお客様の要望はお断りしています。知り合いの大工さんがいるからとか、クロス屋さんがいるからというパターンです。



家はチームで造るものですという考え方を大事にしています。



でも仕上げをお施主さん自ら手がけてみたいという要望は内容によっては大丈夫です。



例えば内壁を家族みんなで塗りたいとか(下地は本職の左官屋さんにしてもらいます)ウッドデッキの塗装をしてみたいとか。(メンテナンスの基本を施主さん自らが体感しておくのは大事だと思います)



よく見積で聞かれるクリーニングは何するの?と聞かれますが、仕事の最後の後始末と、大きなポイントは施工した私たちの最後の大きなチェックという作業があります。



掃除をするというのは工事をした範囲全てを磨き、手を入れます。その中であってはいけない事ですが、ミス、不良があれば手直しを行い、最大限美しい状態でお引渡しできるからです。



下地までOKという内容でも一応クリーニングはします。





長々と書きましたが、プロとして経験しお互いのベストを考えた結果です。









若い。

2013.02.08

最近、ふと思いました。



私よりも若いお客様が増えてきたなという事。



もう40歳を過ぎたので当たり前かもしれませんが、お若い方からの相談が増えてきました。



頼りがいがあるかといえばそうでも無いのですが、面白い現象だなと思います。しっかりしなくては。



子供の頃に思う40代ってバリッと憧れるオヤジとあんな風にはなりたくないなと思えるおやじに二分されていたと思います。



15歳で自衛隊に入った時に40代の上司を見て、体力は下り坂でも、技術でカバー、知力や胆力ですごいと思える人、逆に保障された身分に胡坐をかいて無駄に時間を過ごしているおっさんなどがいて私はバリバリ頑張る上司
を煙たがっていましたが、内心憧れていました。



その辺が分かれてくる時期なのかもしれません。



さて自分は子供の頃の自分から見てカッコいい生き方をしているのでしょうか。



普通に平均寿命まで生きられたとしても、半分を過ぎています。



ちゃんと生きていますか?と聞かれるとまだまだと思えます。



子供の頃からモノがあふれていましたし、就職に困ることも、経済的には多少困ることもあったにしても、何とか人様に迷惑をかけず生活できています。



まだまだ「味」に欠けてる気もしますし、迫力や胆力なども足りない気がします。



あえて苦労を買う必要は感じませんが、何かに挑戦してせっかく生まれてきた命を大事に燃やしたいと考えてしまいます。



大げさな事を書いていますが、ちょうど本厄が終わりそんな事を時間が出来ると考えてしまいます。



あと家族を大事にしたいと思います。弊社のお客様のほとんどが家族を大事にされています。家庭が明るく元気なので、家を造ったり、直したり出来ているのかもしれませんね。



家族の仲が良いのは幸せの大きな条件ではないかと考えます。



思えば不仲な家庭の工事はしたこと無いかも。離婚したお客様も一組もありません



なるほど。





























正面から。

2013.02.07

もう週の半ばですね。



想定していた量の仕事が出来ているかというとまだ少し足りません。







そろそろ工事にかかろうと思っていた現場で少し事情が変わりストップがかかりました。



普通、問題にならないような事なのですが、工事に伴う「規約」という壁にあたりました。



事前に調べて協議はしていたのですが、残念です。



ただ私たちはお客様の最大利益の為に出来る限りの動きをしてみます。



非道徳的な話も聞こえてきましたが、お客様同様、正々堂々と話を進めていきます。



そのためには根拠となるデータを集めないといけませんね。



そのデータも攻撃のためじゃなくてお互いの着地点を探すためという前提です。



頭が悪いの謀略、謀議をめぐらすよりは正面突破です。









たまには馬鹿話しながらお酒でも飲みたい今日この頃です。



近頃大笑いしていないな~。



























一言いえば。

2013.02.02

今週もなんとか終わりました。



電球の交換から集合住宅の新築まで案件の幅がある中、何とか対応しています。



冷静に考えると、私以外の協力業者さんなどのスタッフが優秀だからだと思います。



創業以来のお付き合い業者さんばかりなので、一言いえば多くを理解し想像を超える働きをしてくれます。



老舗と呼ばれる会社はさらにその辺が深化しているんだと思います。ひとつの仕事は多くの人の力で成り立ってますね。



逆に私は取引先やお客様からいとこと言えば多くのものを提供できる人になっているんだろうかと思います。



そう思うといい人たちに出会えていると思います。



話は変わり節分ですね。



吉田神社は例年通りにぎわっております。



毎年、この時期はワクワクします。新しい何かが始まる気がしますね。



心を整理して新しい日々を過ごしたいと思います。







集合住宅の
外部改修工事の一こま シーリング工事をしています。



不良箇所を重点的に手直ししています。







吉田神社
 大元宮です。



すごい人だかりでした。。。















もうすぐ。

2013.02.01

あっという間に1月が終わりましたね。



会社の体制が少し変わり、バタバタしております。



今日も北山の現場、事務所、金物店 北山の現場、西院での打合せ、北山の現場と同じ現場を3往復しました。



同じ現場ですが全て違う用事でした。。



このバタバタさと成果がイコールという訳ではありませんが、じっとできない性格なのでちょうど良いかとも思います。



もうすぐ節分ですね。近所の吉田神社では夜店の準備が始まっております。



例年、多くの人たちでにぎわっています。私もお祭りの間は屋台の食べ物をたらふく食べて太ります。



もうすぐ、創業10年目に突入します。



早いですね。世の中に貢献できているんだろうか。



勢い
欠けているように感じる日々ですが、節分を境ににスピード上げて「やりたい事」をどんどんはじめてみます。







中京区のマンション改装現場です。



解体時の写真。







防音フロアを施工しました。



今回はL40というグレードの床材です。



他にも設備工事、内装工事、塗装工事など約1ヶ月程度の工程でした。



本日無事に終わりました。



遠方からのご依頼でした。ありがとうございます。