社長ブログ

実測が大事。

2012.12.15

今日もやや歯痛です。



午前中は現場調査に行ってきました。



全面改修工事の実測でしたので結構時間がかかりました。モレがないかどうか作図し始めてみないとわかりませんが、キーになる部位については拾い出し出来ていると思います。



理想的なプランニングを検討するにしても実測が大事です。



午後は京都市内に戻り、集合住宅大規模修繕工事の現場打合せを行いました。



毎週、土曜日は定例をしています。今日は、アルミのバルコニー工事がスタートしたので見ていただきました。



マンションの雰囲気はずいぶんよくなると思います。天気がおちついているので、工期が予定通り順調に進んでいます。



あとは引渡しまで安全に丁寧にを心がけて残りの作業をしたいと思います。



打合せを終え、宇治のお客様を訪問しました。こちらも集合住宅の話でした。



改修計画や長期修繕計画についての話し合いです。単純にお金をかければよいという話ではなく、効果的な予算配分がありますのでそのへん事を話しました。



夜、事務所に戻り今日の仕事を整理しております。



明日は日曜定休日ですが、出勤となります。

頑張ってきます。









アルミ製バルコニーを設置中です。



スチール製のバルコニー脚が錆びて躯体に水がまわっていました。



今回の改修で問題は解決できます。











トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム