社長ブログ

色んなタイプ

2021.02.17

 現在、複数の現場が動いています。

一つは建築家の自邸、新築工事
鉄骨の複雑な形状の建物です。モデリングを駆使した設計です。完成後、許可をいただければ載せたいのですが、最先端の設計手法を現場に落とし込む工事です。昨年スタートする前に、弊社の分水嶺になると思った工事です。日々学ぶことばかり。技術がレベルアップしている実感があります。
もう一つは初期の輸入住宅の改修。
合理的な構造の住宅です。同年代の日本家屋と比べると断熱、耐震などかなり先行していると思いました。
個人的には「輸入住宅の再生」という新たなジャンルの仕事では?と思っています。湿気などには弱い部分も散見されているのでうまく改修したいと思います。
もう一つは昭和初期の住宅改修です。
構造がシンプルすぎるぐらいシンプルなので、ある意味では改修しやすい建物といえます。
当時の大工さんが種類の少ない材料を技術でカバーする美しい建物です。
ほぼスケルトン化したのでこれから新たな命を吹き込むって感じです。

明日からは鉄筋コンクリート造の建物の工事を行います。

そんなこんなで、本当に多種多様な工事をさせていただいております。
仕事ながら面白い日々を過ごすことが出来ています。ありがたいことですね。




新築住宅の架構



輸入住宅の内部 日本の建物と大きく異なります。


昭和前半の木造住宅。構造や断熱性能を上げています。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム